溶剤抽出法について

アロマテラピー用のアブソリュート(Abs)と呼ばれる、エッセンシャルオイルを作る方法です。主に、「ジャスミン」など、熱を加える蒸留法に向かないデリケートな香りのものや、蒸留法だと、大量に花が必要になるため、コストがかかりすぎてしまう「ローズ」などに適用されます。



まず、植物を揮発性の溶剤に漬け込み、溶剤がよく染み込むように攪拌します。成分が溶け出したら、他の容器に移し替え、ゆっくりと加熱し、揮発性溶剤を気化させます。


溶剤を気化させたことによって、コンクリートと呼ばれる残留物が残ります。残ったコンクリートを、さらに高純度のアルコールで洗浄し、不要なもの(ワックスなど)から分離させたものをアブソリュート(Abs)と呼びます。


精油になるのは、このアブソリュート(Abs)部分のみになります。この方法で採れたものは、エッセンシャルオイルに色素が残っていることが特徴となります。


 この方法で抽出するエッセンシャルオイル

ロース (アブソリュート)
ジャスミン (アブソリュート)


HOME > 溶剤抽出法