バジル エッセンシャルオイル

バジル
バジルは、世界各地にあり昔から料理用や薬草として使用されてきました。インドにおいてアーユルヴェーダでは、古くから呼吸器系の治療に使われていました。また、西洋では冷却作用と神経強壮作用を重宝されてきました。

その独特の気持ちを集中させるスッキリとした香りは、仕事や勉強の場に向いているといわれます。


 香りの特徴: 清々しく甘くスパイシーな、ハーバル系の香り。かすかに酸味も含んでいます。

 オイルの色と特徴: 無色または、薄黄色

 心には: 神経を使う仕事や、ストレスによって限界まで疲れて神経が興奮しているとき、バジルは気分を落ち着かせ神経も強壮させてくれます。

 体には: 神経衰弱・精神疲労・臭覚麻痺・カタル


 学名: Ocimum basilicum

 科名: シソ科

 使用部位: 花と茎葉

 抽出法: 水蒸気蒸留

 ノート: トップ


 相性のよい精油は?

フローラル系:  ネロリ

シトラス系:  全般

ハーバル系:  ゼラニウム

ウッディ系:  なし

スパイシー系:  なし

バルサミック系:  フランキンセンス

エキゾティック系:  なし


 禁忌または注意事項

発ガン性物質が含まれている可能性があり、2%以下で使用すること。
妊娠中の使用は避けること。


 その他のハーバル系 エッセンシャルオイル

クラリセージ
ゼラニウム
タイム
パルマローザ
フェンネル
ペパーミント
マジョラム
ローズマリー


HOME > ハーバル系 > バジル