エッセンシャルオイル(精油)を使う前に

 精油は、原液使用や飲用はしません
肌に塗る場合は必ず1~2%に薄めて使い、飲用もしないでください。


 精油は、冷暗所に保管します
蓋をしっかり閉めて、直射日光のあたらず、お子さんやペットの手の届かない冷暗所に保管します。


 精油は、火の側には置きません
エッセンシャルオイル(精油)は、引火する可能性があるので、
火を使う場所には置きません。


 精油は、早めに使い切ります
ビンのキャップを一度開けたら、品質保障期間内であっても出来るだけ早めに使いきります。
特に圧搾法で作られた柑橘系の精油は、劣化が早いので半年以内には使いきります。


 柑橘系の精油の光毒性について
高濃度の柑橘製の精油を使ったものを肌に塗り、紫外線にあたるとシミになります。
24時間以内に外出する予定があるときには、柑橘系の精油の使用を避けるか洗い流します。


 妊娠中の方や、小さなお子さんについて
妊娠中は、避けたほうがよいエッセンシャルオイル(精油)の使用はひかえましょう
3歳以下のお子さんには、肌への使用・蒸気浴は避けます。


 気分が悪くなったとき
エッセンシャルオイル(精油)を使用しているときに、気分が悪くなったら、窓を開けてすぐに空気を入れ替えましょう。


 肌へのトラブルがあったとき
患部を水でよく流し、医師に相談しましょう。



 エッセンシャルオイルを誤飲などの相談連絡先

(財)日本中毒情報センター <中毒110番>
(Q2ダイヤル:315円/1件かかります)
tel: 0990-50-2499(大阪/無休/24時間対応)
tel: 0990-52-9899(つくば/無休/9:00~21:00)


医療機関専用 有料電話
(2000円/1件かかります)
tel: 072-726-9923(大阪/無休/24時間対応)
tel: 029-851-9999(つくば/無休/9:00~21:00)


※当サイトでご紹介するアロマテラピーで、万一事故が起こってもいかなる責任も負いません。自己の責任のもとで行いましょう。


HOME > 精油を使う前に